バックエンド

静的ページと動的ページの違いとメリット・デメリット

Webサイトを制作していると、静的ページと動的ページという言葉は1度は目にすると思います。しかし、この2つのページがどういうものか説明できる人は意外と少ないかもしれません。今回は、静的ページと動的ページの基本的な概要をご紹介します。

静的ページと動的ページ

目次

静的ページ

静的ページとは、いつどこでアクセスしても毎回同じものが表示される、HTMLファイルで作成されたWebページのことです。ユーザーの要求に対して、Webサーバーが要求されたデータをそのままブラウザに送信し、表示します。静的ページは、そのWebページの制作者が更新をしない限り内容は一切変化しません。静的ページは企業の紹介サイトなど、ユーザーの入力内容や環境によって表示に差が出てしまうと困る内容を掲載するのに適しています。

動的ページ

動的ページとは、アクセスしたときの状況に応じて異なる内容が表示されるWebページのことです。ユーザーが書き込むことで内容が増える掲示板サイトやブログ、表示内容がユーザーごとに違うショッピングサイトや会員制サイトなどが動的ページです。例えば、検索エンジンでは、ユーザーの検索ワードをもとにWebサーバーが検索処理を実行し、HTMLファイルを作成します。その後、Webブラウザに送信することで、ユーザーの入力した検索ワードに対して最新の検索結果の情報を提供することができます。

静的ページのメリット

動的ページに比べてセキュリティ対策が簡単

動的ページを利用するためにはサーバ上にデータベースを設置しなければならないため、セキュリティ対策を頻繁に行う必要があります。静的ページはそのような手間がかからないため、動的ページと比べるとセキュリティ対策が簡単です。

サーバーにかかるコストを削減できる

静的ページは、利用するにあたって必要なサーバーで行う処理が少ないため、サーバーにかかるコストを削減できます。

サーバーダウンが起こりづらい

ユーザーがアクセスするたびに最新のページを表示する動的ページに対し、既に生成されているページをアクセスに応じて表示するだけの静的ページは、必然的にサーバーダウンの可能性が低くなります。

ページの表示速度が早い

静的ページは要求されたデータをWebサーバーがブラウザに送信するだけなので、Webページを早く表示することができます。

静的ページのデメリット

情報をリアルタイムに反映しづらい

静的ページで情報をリアルタイムに反映するには頻繁にページを更新する必要があるため、コストが必要以上にかかってしまいます。

ユーザーごとに異なる情報を表示できない

静的ページの性質上、ユーザーそれぞれに対して異なるページを表示することはできません。そのようなWebページを制作したい場合は、動的ページで制作する必要があります。

動的ページのメリット

動的ページ

アクセスごとに最新の情報が表示できる

動的ページはリアルタイムでページを生成するため、最新の情報を表示することができます。常に情報が更新される内容を提供する場合は、動的ページでWebページを制作したほうが、静的ページで制作するよりもコストを削減することができます。

ユーザー1人1人に異なる情報を表示可能

ユーザーの要求に応じてページを生成する動的ページは、ユーザーごとに異なる情報を表示させることが可能です。これは、静的ページでは再現することができません。

動的ページのデメリット

Webページの表示スピードが遅くなる

静的ページは要求されたデータをWebサーバーがブラウザに送信するだけなので、Webページを早く表示することができます。しかし、動的ページはプログラムがWebサーバー上で実行され、CPUに負荷がかかるので、その分Webページの表示速度は遅くなってしまいます。

サーバーダウンが起こりやすい

動的ページはユーザーがアクセスするたびにページを生成するため、アクセス集中によるサーバーダウンが起こる可能性が大きいです。

静的ページと動的ページの比較

静的ページと動的ページの特徴を表にまとめると以下のようになります。

静的ページ
動的ページ
  • ①セキュリティ 
  • ②サーバーコスト 
  • ③サーバーダウンリスク
  • ④ページの表示速度 
  • ⑤最新の情報の表示 
  • ⑥ユーザーごとに異なる情報の表示


静的ページと動的ページのそれぞれのメリットとデメリットを見ると分かるように、動的ページと静的ページは使用用途がハッキリ分かれています。どちらのページ表示が自分の掲載したい内容に適しているか見極めて使用しましょう。

まとめ

静的ページと動的ページの概要はご理解いただけたでしょうか? 静的ページと動的ページをメリットデメリットを理解したうえで、その状況に合わせて柔軟に利用していきましょう。

Web担当になったけれど自分の知識に自信がない、自社のWebページをもっと改善したい、けれども、うちにはそんな時間も人材もないというお悩みはございませんか?

ITRAではお客様に真摯に向かい、ご要望に沿ったWebサイト制作やリニューアルを行ってきました。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

この記事の著者

itra
ITRA株式会社

官公庁や大手企業を中心とした大規模なWebサイトを総合的にプロデュースするWeb制作会社。デザインからシステム、サーバーまでWebサイトに関わるお客様の悩みを解決します。