CMS

CMS比較~種類と選び方~

市場には様々なCMSが存在します。それぞれのCMSについて、実績、機能、価格で比較して、貴社に最適なCMSを選定できるポイントを解説します。また、選定のポイントだけでなく、国内で高いシェアを持つ3つのCMS(WordPress、Movable Type、ALAYA)を取り上げて、それぞれについて、特長や費用感などを見ていきます。CMSのメリット・デメリットについて知りたい方は、以前書いた記事「今さら聞けないCMSのメリット・デメリット」をご覧ください。

cms比較

目次

CMSの選び方

多種多様なCMSのなかから自社に合ったものを選ぶ際、ざっくり言えば、実績、機能、価格帯の3軸で選ぶことになります。

実績

実績面では、自社と類似の規模のサイトや管理体制(運用人数など)の実績があるかどうかを見ていきます。これによって、機能の有無だけでは判断できない、使い勝手の良し悪しなども知ることができます。

機能

機能については、特定の業界に特化したような製品からアクセシビリティなど個別の機能に強みを持つものまで様々にありますので、必要な機能の優先順位を決め、選定を進めるのがおすすめです。

価格

価格に関しては、無料で使えるものから高価な製品まで幅広い選択肢があります。また、CMSのコストは、製品のライセンスなど使用料の他に、導入に係る構築費用なども考慮して、自社の予算に合うかどうかを検討する必要があります。

cms比較と価格

WordPress

オープンソースCMSの代表格がWordPressです。システムの利用自体は無料である上、膨大な数のテンプレートやプラグインが公開されているため、個人利用からビジネスユースまで高いシェアを誇っています。

利用方法をわかりやすく解説している有志のサイトも多く、簡単な操作で導入可能なプラグインを使用すれば、あらゆる機能を取り込めるため、初心者にも人気のあるCMSです。

しかし、その分、デメリットもあります。アクセスのたびにプログラムが起動してページを書き出す方式(動的ページ生成と呼びます)が採用されているため、動作が重くなりやすいです。また、オープンソースで世界シェアが高いため、サイバー犯罪者に標的にされやすいという、セキュリティ面の危険性が高いです。導入後は常に最新バージョンにアップデートするなど、自己防衛が必要です。

WordPress

WordPressのリスクなど、導入することによるデメリットは以前の記事をご覧ください。

Movable Type(PowerCMS)

ベンダー(シックスアパート)が開発し、有償提供しているCMSです。元はブログツールからスタートしましたが、プロモーションや機能強化を経て、人気のCMSとなりました。数種類のエディションがありますが、ライセンス料は数万円〜数十万円と安価な部類のCMSになります。

Movable TypeとWordPressでは、システムの設計がかなり違います。たとえばプログラムの置き場所とコンテンツ出力先のURLをバラバラに設定できたり、Web ページのソースコードを見てもMovable Typeを使用しているか判別できないようにすることなどができます。これらはサーバー攻撃に遭いにくくする、安全性を高める仕組みです。

また静的ページ生成と呼ばれる、HTMLファイルが保存されている方式のため、記事が注目されて一気にアクセスが集中した時もMovable Typeは表示が遅くなったりすることがなく、システムへの耐障害性が高いといえます。

Movable Typeに、さらに高度な商用CMSとして必要な機能を追加して開発されたのがPowerCMSです。ユーザー権限や公開権限の設定や、大量のコンテンツの管理を容易にしたり、問い合わせフォームの作成など、企業の運用に合わせたカスタマイズが容易にできるようになっています。

MovableType(シックスアパート)

ALAYA

WordPressやMovable Typeがブログツールをベースに発展したのに対し、最初からCMSとして開発され、Webサイト管理のための豊富な機能と高い性能を有したCMSがあります。その代表格がCMS ALAYA(アラヤ)です。

高いセキュリティや、数万ページ単位の大規模サイトの管理運用に特化した性能を備え、中央官庁や地方自治体、大手企業を中心に採用されており、SaaS型CMSではトップシェアを占めています(「ITR MARKET VIEW CMS市場2016」より)。

海外製のCMSが多い中、国産CMSの筆頭でもあり、アクセシビリティJISへの対応など、国内事情に強いのはもちろん、ベンダー(彼方)によるカスタマイズ開発やサポートも充実しているのが特長です。

その分、他のCMSに比べると価格は高く、導入には数百万円以上の費用がかかりますが、それだけのメリットが認められているCMSとも言うことができます。

CMS ALAYA(彼方株式会社)
ALAYAについて詳しく知りたい方は、過去の記事をご覧ください。

Joomla!

Joomla!は、日本での知名度は他のCMSに比べるとあまり高くないですが、海外では高い人気を誇っている無料のオープンCMSです。デザイン性・カスタマイズ性が高く、Webサイト制作の幅が広いことが特徴です。同じオープンソースCMSのWordPressと比較されることがありますが、より規模の大きいWebサイトを構築することに向いています。

Joomla!に携わる技術者が多いため、ソフトウェアに問題が生じてもその都度アップデートが行われているので、セキュリティ面も申し分ありません。 政府機関や企業など、法人団体への導入実績が多いことからわかるように、信頼度の高さも強みです。

プラットフォームに少し使いづらさがあるので、慣れるまでに時間がかかるところが欠点ですが、使いこなせるようになれば大きなアドバンテージが見込めるCMSだといえます。

Joomla!

Drupal

Drupalは、世界中で高く評価されているオープンソースCMSです。WordPressやJoomla!と同じく無料で導入できます。基本部分と追加拡張部分の2つで構成されているので、自分が制作したいWebサイトに合った機能を追加しながら使用できるという特徴を持つ、臨機応変な対応が可能なCMSです。

また、Drupalが世界中で評価されている理由の1つに約100種類の言語に標準で対応しているという点が挙げられます。グローバル展開をする企業は、言語変更のコストが大幅に削減できるので、ぜひ利用したいCMSです。また、拡張の際の安全性も確保されているため、Joomla!と同様に規模の大きいWebサイトを構築することに向いています。

他のCMSに比べ公開されている情報が少ないため、Webサイト構築の難易度は高めですが、それに見合っただけのクオリティを保証できるソフトウェアといえるでしょう。

Drupal

まとめ

ここで紹介したもの以外にも、多くの種類のCMSが存在します。 Webサイトの規模・制作目的・資金や、求める機能・性能をハッキリさせて、その時の状況に合ったCMSを選びましょう。

誰でもサイトを編集できるようにしたい、複数のサイトをまとめて簡単に管理したい、サイトの機能を充実させたい、サイトセキュリティを高めたい、という悩みはありませんか?弊社ITRAが独自に開発したCMSである「iCMS」は、Webサイト構築について知識に自信がない方でも扱いやすい機能を実装しています。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

この記事の著者

itra
ITRA株式会社

官公庁や大手企業を中心とした大規模なWebサイトを総合的にプロデュースするWeb制作会社。デザインからシステム、サーバーまでWebサイトに関わるお客様の悩みを解決します。

初めて使う人にも使いやすく、セキュリティレベルの高いCMSパッケージ「iCMS」

詳しくはこちら
itra