Web便利ツール

Webサイト向けの文字エンコーディングの世界シェア

Webテクノロジーに関する調査を行っている「W3Techs」が、2019年12月のWebサイト向け文字エンコーディングのシェアを発表しました。

W3Techs - extensive and reliable web technology surveys

Webサイト向け文字エンコーディングのシェア グラフ

目次

圧倒的なシェアを誇る「UTF-8」

2020年1月現在、Webサイト向け文字エンコーディングの世界のシェアランキングの1位は「UTF-8」でした。「UTF-8」はUnicodeの1つで、他の文字エンコーディングよりも圧倒的なシェアを獲得しています。
文字エンコーディング1_481x289

94.4%を占める「UTF-8」に次ぐ他の文字エンコーディングは、「ISO-8859-1」2.70%、「Windows-1251」0.90%、「Windows-1252」0.5%といずれも低く、トップの「UTF-8」が他の文字エンコーディングと大きな差をつけています。

文字エンコーディング シェア
1位 UTF-8 94.40%
2位 ISO-8859-1 2.70%
3位 Windows-1251 0.90% 
4位 Windows-1252 0.50%
5位 Shift-JIS 0.30%
6位 GB2312 0.20%
7位 EUC-KR 0.20%
8位 EUC-JP 0.10%
9位 ISO-8859-2 0.10%
10位 Windows-1250 0.10%

また、日本語で使われる5位の「Shift-JIS」や8位の「EUC-JP」はそれぞれ0.3%、0.2%のシェアとなっており、あまり変化は見られません。

上記の他の文字エンコーディングも、シェアはいずれもほとんど0.1%以下となっており、「UTF-8」の一強状態が続いています。

「UTF-8」を使用している主なWebサイト

「UTF-8」を使用している主なメディアは以下の通りです。


世界的にも多くのアクセスを獲得しているこれらのメディアもUTF-8を使用しています。UTF-8は世界各国語用の文字エンコーディングであるので、幅広く世界で使用されていることがわかります。

また、最近では、Webサイト上でアンケート調査ができるサービスを提供している「SurveyMonkey」や、中国版のLINEである「Wechat」などを要するIT企業のTencent(腾讯)、韓国の大手ECサイトのGmarketも、UTF-8を使用し始めました。

「UTF-8」の今後のシェア

Webテクノロジーに関する調査を行うW3Techsは毎月Webサイト向け文字エンコーディングのシェアを発表しています。
文字エンコーディング2_839x503

1年前の2018年12月は、「UTF-8」のシェアは92.7%でしたが、1年間継続してシェアは上昇を続けて、12月24日現在では94.5%となっています。

上記のように、「UTF-8」の使用を始めるWebサイトも増えており、今後も「UTF-8」のシェアは伸び続けることが予想されます。

まとめ

今回は、世界のWebサイト向けの文字エンコーディングのシェアを紹介しました。文字エンコーディングのシェアを始めとして、Webサイト関連のシェアの動向は日々変化しています。最新の情報を手に入れて、時流に合ったWebサイト制作を目指しましょう。

また、WebMediaでは、今回のようなWebサイト制作の今がわかる情報だけでなく、Webサイト制作に役立つ情報も数多く発信しています。ぜひ合わせて見てみてください。


Web担当になったけれど自分の知識に自信がない、自社のWebページをもっと改善したい、けれども、うちにはそんな時間も人材もないというお悩みはございませんか?

WebMediaを運営するITRAではお客様に真摯に向かい、ご要望に沿ったWebサイト制作やリニューアルを行ってきました。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

この記事の著者

itra
ITRA株式会社

官公庁や大手企業を中心とした大規模なWebサイトを総合的にプロデュースするWeb制作会社。デザインからシステム、サーバーまでWebサイトに関わるお客様の悩みを解決します。