Web便利ツール

GoogleのURL短縮サービス移行先は?

「goo.gl」で知られるGoogleのURL短縮サービスが2019年3月30日で終了します。すでに発行済みの短縮URLはそのまま使い続けることができますが、新しく発行できなくなります。4月以降はどのサービスに切り替えるのがよいか、検討してみましょう。

URL短縮サービス

目次

URL短縮サービスとは

URL短縮サービスは、文字通り、長い文字列のURLを短く変換してくれるWebサービスです。Googleが提供してきた「Google URL shortener」をメールマガジンのリンク設定などに便利に使ってきた企業も多いと思います。このサービスの終了日、2019年3月30日が近づいていますが、次にどのサービスを使うか、もう決めていますか?

URL短縮サービスのメリット

URL短縮サービスは文字制限が厳格だったSNSの投稿用として重宝され、一般ユーザーにまで一気に広まりました。GoogleがURL短縮サービスを始めたのもこの流れだったようです。ビジネスユースとしては次のような使い方も行われてきました。

メールマガジンに簡潔なリンクを記載できる

大規模な企業Webサイトでは、階層が深かったり、アクセス解析用のパラメータが付加されたり、ページのURLが非常に長くなってしまうことがあります。URL短縮サービスを使えば、テキストベースのメールマガジン文中で、本文よりもリンクのほうが悪目立ちしてしまうような状態を避けることができます。

メールマガジンのクリック数がわかる

企業のマーティング的には、短縮URLサービスを使うと、リンクをクリックされた数を計測することもできるというメリットもあります。これにより、メールマガジンの効果を測定することが容易になります。

URL短縮のメリット

代替のURL短縮サービス

URL短縮サービス利用のデメリットは、サービス提供元が撤退してしまった場合、リンク切れになってしまうリスクもあることです。さすがにGoogleは発行済みの短縮URLに関しては継続すると言っていますが、サービス提供元の企業規模や信頼性も、選ぶ際には重要だということでしょう。

ここでは、Googleの公式アナウンスで紹介されていた3つのサービスを紹介します。

Firebase Dynamic Links (FDL)

Googleが提供している「Firebase」というアプリ開発支援サービスに組み込まれている機能の1つです。主には、iOSやAndroid用に「アプリで開く」リンクを生成するための機能ですが、URL短縮も可能となっています。Googleでは、FDLをGoogle URL shortenerの後継と位置づけていますが、準備が面倒など、Web担当者が手軽に使えるという状況ではないのが難点です。

Firebase Dynamic Links

Ow.ly

カナダ発のソーシャルメディア管理システム「Hootsuite」に組み込まれているURL短縮サービスで、短縮URLを生成し、複数のSNSへの自動投稿までをワンストップでできるのが特長です。

Ow.ly

Bitly

Googleと並んで知名度が高いのがBitly。短縮URLサービスとしては世界最大のユーザー数を抱える大手です。個人向けの無料版と、有料で高機能なエンタープライズ版があります。

Bitly

ビジネス重視ならBitly法人版、使用頻度が少なければOw.ly

Bitlyの特長は、URLを任意の文字に設定することもできるという点です。ブランドを大切にする企業Webサイトなら、短縮アドレスにもブランド名を入れたり、リンク先の内容を示す文言にするなど、ユーザーにとってわかりやすいURLを作成することが可能です。元の長いURLのままより、視認性と信頼性がアップした短縮URLのほうが、ユーザーのクリック率がはるかに高くなることも立証されています。

また、Bitlyダッシュボードでは、短縮URLに対するアクセス解析機能も「Google URL shortener」よりきめ細かく充実していることも特長です。この機会に、戦略的に短縮URLを取り入れるなら、Bitlyを検討してみるのもありです。

[補足コラム]

Web担当者にお馴染みのGoogleのサービスがなくなってしまう例としては、サイト内検索のGoogleサイトサーチも記憶に新しいところです。安価な使用料で広告表示をオフにできるため、使い勝手のよいサービスでしたが、終了後は、Googleの広告が表示される無料のGoogleカスタム検索のみの提供となってしまいました。他にも、Google Map APIが有料化したケースでは、WebサイトにGoogleマップを埋め込んで無料で使っていた企業が有料アカウントを設定しないと地図が見えなくなるかもしれないと対応に追われました。無料サービスの仕様変更への対応は、今後も避けられそうにありません。

この記事の著者

itra
ITRA

Web制作・システム開発など多くの実績を持つITRAならではの様々な情報を発信していきます。

初めて使う人にも使いやすく、セキュリティレベルの高いCMSパッケージ「iCMS」

詳しくはこちら
itra