開発 サーバー

Webサーバーの選び方

Webサイトのリニューアルプロジェクトにあたって、料金や機能面から新しいホスティング会社へのWebサーバー移転を検討することも多いものです。ここでは自社に合ったWebサーバーを選ぶためのポイントを解説します。

Webサーバー

目次

ホスティングの種類

オンプレミスからクラウドへ

自社内で物理的に構築したシステム(自社運用型。オンプレミスと呼ぶこともあります)を持っている大企業も、機密性の高い情報の保管はオンプレミスサーバーを、外部とのやり取りが多い Webなどはホスティング会社のクラウドサーバーを利用するといった使い分けが増えてきました。理由としてはやはり、サイバー攻撃の増加により、社内部署で保守管理するコストがますます見合わなくなってきているからでしょう。また天災が起こったときにも業務を止めないリスクヘッジとして、クラウドを選ぶという考え方もあります。制作会社である弊社のお客様企業にも、Webサーバーのオンプレミス運用はもうほとんどない状況です。

ホスティング会社とは

ホスティング会社とは、データセンターの運営管理を専門としている企業です。提供されるWebサーバーのことを、ホスティングサービスとか、クラウドサービスと呼ぶこともあります。ホスティング会社が提供しているホスティングの種類は、大きく次の3つに分かれます。

1)共用サーバー

Webサーバーを複数のユーザーで共有して使いますよというものです。Webサーバーが先に区分けと設定がされて貸し出され、その限られた権限のなかでの利用しか認められません。共有している他者の運用次第で影響を受けることもあり、ビジネス利用にはあまりおすすめできません。個人ユーザーや小規模サイト向きです。

2)VPSクラウド

Webサーバーの中に、複数のバーチャルサーバーを立ち上げるものです。ホスティング会社からは、サーバー内のスペースだけ渡されますので、コマンドを使って自分たちで立ち上げから行います。設定できる自由度が高いため、現在はビジネス利用においてはVPSが主流になっています。

3)専用サーバー

1台のWebサーバーをまるごと自社で占有するもので、利用料も高額になります。規模が非常に大きなサイトであったり、コンテンツ量やドメイン数を大量に運用している企業に向いています。

ホスティング

おすすめWebサーバー

企業Webサイトに適したVPSを中心に、弊社がおすすめしているホスティングサーバーをいくつか挙げておきます。

NTT PCコミュニケーションズ「WebARENA」

日本企業の導入実績が多く、歴史もあるホスティングサーバーです。弊社では、WebARENAのVPSサーバーを最も多く使っています。SuitePRO、またはVPSクラウド、どちらかのプランが多いです。メリットとしては、海外製のサーバーとは違い、使用量による課金制ではなく定額制であるため、企業担当者としても会社のコスト管理がしやすくなります。

https://web.arena.ne.jp/

アマゾン「AWS」

ビジネスの成長を前提に、きめ細かくサービスが考えられているAWS。提供しているサービス内容が細かく、課金体系がシンプル、オプションごとに契約もできる、サーバーの冗長性があるなど、利用目的に応じて柔軟に対応できます。アマゾンAWSは日本法人が設立され、日本の法律が適用されるようになってから企業や官公庁などでも利用するところが増えています。

https://aws.amazon.com/jp/

マイクロソフト「Azure」

マイクロソフトが提供しているホスティングサーバーで、Windowsサーバーを導入していた日本企業には依然として人気があります。ただし英語圏発のインターフェースは日本人向けではなく、使いにくいと感じる人もいるようです。

https://azure.microsoft.com/ja-jp/

GMO「WADAX」

WADAXも日本企業には好んで使われているホスティングサーバーです。GMOはもともと共用サーバーに強かった流れで、法人向け共用レンタルサーバーと電話サポート体制の充実を売りにしています。

https://www.wadax.ne.jp/

Webサーバー検討もRFPに加えておく

ホスティングサーバーは選び方次第で、実現できることが大きく変わったり、費用のかかり方も多様です。最近はセキュリティを強化するため、Webサーバーの2台体制が推奨されていますので、2台契約すると結局高くなるということもあり得ます。2台を同期するロードバランサーや、CDN(負荷分散)のシステムなどのオプションが加わっていくと、一概にどれが安いとはいえなくなります。

まずは、自社が現在利用しているWebサーバーのプランは何かということを、Web担当者はぜひ把握しておいてください。そしてWebサイトリニューアル時に作るRFP(提案依頼書)には、ぜひWebサーバーも提案要件に加えておきましょう。

関連記事

この記事の著者

itra
ITRA

Web制作・システム開発など多くの実績を持つITRAならではの様々な情報を発信していきます。

初めて使う人にも使いやすく、セキュリティレベルの高いCMSパッケージ「iCMS」

詳しくはこちら
itra