プロデュース・ディレクション

保守運用とは?保守契約書の内容やWeb制作会社選定のポイント

Webサイトの保守契約の必要性を正しく理解していますか?制作したWebサイトをより最新な情報、かつ安全に保つために、Web制作会社と適切な保守契約を結ぶことは必須です。この記事では、多くのWebサイト制作実績を持つITRA株式会社が、保守運用の必要性や内容、ポイントを掲載しています。約5分程度で読める内容ですので、保守運用についてお困りの方はぜひ一度目を通してみてください。

目次

保守・メンテナンス契約とは

Web制作会社と結ぶ保守・メンテナンスとは、公開したWebサイトの状態を維持するための業務のことです。具体的には、サーバーのクラウドサービス導入時の社外のホスティング会社との仲介や、サイバー攻撃が起きた際の状況を把握、復旧などの対応をします。

保守・運用契約の必要性

Webサイトの保守・メンテナンスの範囲は非常に多岐にわたるので、どの範囲までを依頼するかは企業次第です。しかし、Webサイトに万が一の事態が起きた際に企業の信用を落とさないためにも、技術者の対応を保証する保守契約を求める企業が増えています。

保守と運用の違いは?

簡単にいうと、保守は制作したWebサイトを通常通りに公開し続けるための業務で、運用はWebサイトをより最新で使いやすく更新する業務です。「保守運用」とまとめて呼ばれるように、Web制作会社によっては統合しているところも多いです。

保守・運用の限界は?

保守・運用サポートとは、一般的にWebサイトの状態維持と更新に関する業務なので、工数のためにWebサイトの現状を改善する作業は保守運用サポートに含まれません。Webサイトを制作する前の見積もりの時点で契約している維持・更新作業に含まれないような、デザインの変更やページの追加などの大幅な変更は改修とされ、都度見積もりで費用がかかります。

保守契約書の項目・内容例

まずは「保守業務仕様書」を作成して、契約を交わします。Web担当者としても、自社がどのような保守サービスを契約しているのかを確認しておくことが必要です。

保守の対象は主に、Webサイト制作時に制作したHTML、画像データ、プログラムデータ等、Webサーバーにアップされているコンテンツ関連データなどのWebコンテンツです。

今回は一例としてWebMediaを運営する弊社ITRAの保守契約書に含まれる項目を紹介します。

・各種サービスの契約代行管理業務
・Webサーバー保守
・Webサーバーの障害対応
・DNSサーバーの保守管理
・CMSなど導入しているツールの保守
・ヘルプデスク業務
・緊急公開対応
・マーケティングレポート

各種サービスの契約代行管理業務

契約代行管理業務とは、Webコンテンツの公開するための環境を維持することです。Webサーバーやドメイン、SSL証明書、CMSなどの契約更新などを代行します。

Webサーバー保守

Webサーバー保守とは、OSへのパッチ適用、サーバー管理者のアカウントやメールアドレスの作成・変更・削除、Web/DBサーバーのバックアップなどを定期的に行うことです。

Webサーバーの障害対応

Webサーバーのシステムに障害が発生した場合には、事前に指定された手順に従って、障害検知→障害発生確認→発生カ所の特定→障害報告(復旧報告)→障害復旧作業を行います。

DNSサーバーの保守管理

DNSサーバーの保守管理では、特設サイトやスペシャルサイトを立ち上げる際など、サブドメイン・新規ドメインの追加と設定を代行します。

CMSなど導入しているツールの保守

導入しているCMSに合わせ、セキュリティバージョンアップの適用やメンテナンスを行います。

ヘルプデスク業務

ヘルプデスク業務とは企業からの質問対応のことです。サーバーへの接続の仕方がわからなくなってしまった、パスワードを紛失して、ログインできなくなってしまったなどの緊急時に、専門知識を持った担当者が回答します。

緊急公開対応

緊急公開対応とは、担当者が休みの場合や、別部署の方など、緊急を要する情報の公開に関して、CMSの操作を代理で行うなどの業務を指します。

マーケティングレポート

マーケティングレポートなどのコンサルティング業務も保守運用に含まれます。月次や四半期毎などで定期的にレポートをまとめ、サイトへの誘導を増やすための施策の改善提案などを行います。

保守契約のポイント

最後に、保守契約を結ぶ際のポイントを3つ紹介します。

1. 保守業務もできるWeb制作会社を選ぶ

1つ目のポイントは、Webサイトを制作したWeb制作会社と保守サポートは分離させずに、一括で委託することです。

大規模な企業Webサイトは、外部のクラウドサービスを多様に組み合わせてできあがるものです。Webリニューアル後には、制作を担当したWeb制作会社が最もシステムも理解していることになります。

社内の情報システム部門ではWebサーバーの保守まで手が回らないことが多いです。安全にWebサイトを運用するためにも、リニューアル時にはデザインやクリエイティブ性に加えて、保守・メンテナンス能力も重視してWeb制作会社を選ぶことが必要です。

2. 保守の範囲・運用体制を明確にする

2つ目は、保守運用体制を明確にすることです。特に、障害対応など事前の取決めが難しい内容は、相談する窓口となるスタッフを決めておくことは重要になります。Web制作会社側のチーム体制や連絡先を明記してもらうのと同時に、自社内の担当者の連絡網も明確にしておくと、緊急時の初動のスピードが大きく変わります。

保守契約書では、保守の範囲を明確にすることも大切です。「保守サポート」「ヘルプデスクサポート」などと曖昧な言葉で片づけてしまうと、双方の認識が合っておらず、公開後にスムーズに運営フェーズに入れない場合もあります。

そのために、事前にそのWeb制作会社の持っている保守サポートの仕様書を提示してもらい、認識を合わせた上で業者を選定することをおすすめします。

3. CMS導入で保守運用を最小限にする

3つ目は、Web制作会社選定の際に、保守運用を最小限にする体制を提案してくれる制作会社を選ぶことです。保守運用には、制作後のWebサイトへの文章・画像の追加や変更も含まれます。自社で変更できるような内容だとしても、Web制作会社を通さなくてはなりません。このような場合では、たとえばCMSを導入して自社だけでコンテンツ内容の変更を簡単にできるような体制を作ることで、保守運用を最小限に抑えることができるでしょう。

CMSの導入はWebサイトの品質を保つために欠かせないものです。企業によって導入したいCMSもあるでしょうし、Web制作会社によっても得意なCMSがあるでしょう。CMSのメリット・デメリットを理解した上で、導入したいCMSの導入経験のあるWeb制作会社を選びましょう。

まとめ

今回はWebサイト制作後に不可欠な保守運用について紹介しました。保守運用に含まれる内容と範囲を明確にした上で、より安全で簡単に、Webサイトの質を保持できるような保守契約を実現しましょう。

この記事の著者

itra
ITRA株式会社

官公庁や大手企業を中心とした大規模なWebサイトを総合的にプロデュースするWeb制作会社。デザインからシステム、サーバーまでWebサイトに関わるお客様の悩みを解決します。

初めて使う人にも使いやすく、セキュリティレベルの高いCMSパッケージ「iCMS」

詳しくはこちら
itra