プロデュース・ディレクション

保守・メンテナンス契約とは

「Webサイトは作って終わりではない」、近年特にその考え方が浸透してきているようです。コンテンツの更新は社内でできるのが普通になりましたが、サイバー攻撃など、システムへのセキュリティ上の脅威が増しているためです。

保守・メンテナンス契約

目次

Web制作会社と結ぶ保守・メンテナンス契約とは

Webに必要な保守・メンテナンスとは、具体的には、サーバーのクラウドサービスを導入した場合、社外のホスティング会社との間に立って誰が打ち合わせをするのか、あるいはサイバー攻撃が起きたときにその状況を把握し、復旧などの対応をするのは誰なのか、といった問題です。

万が一の事態には、やはり技術者の出番が必要になるため、契約を求める企業が増えています。

保守契約書の項目例

まずは「保守業務仕様書」を作成して、契約を交わします。Webの保守・メンテナンスの範囲は非常に多岐にわたるので、どの範囲までを依頼するかは企業次第ですが、Web制作会社である弊社では雛形として次のようなフルサポートメニューを用意しています。

Web担当者としても、自社がどのような保守サービスを契約しているのか、確認しておくことが必要です。

保守の対象物一覧

  • 各種サービスの契約代行管理業務(サーバー、ドメイン、SSL証明書、その他セキュリティーソフト、CMSなど
  • ヘルプデスクサポート(ページの作り方(HTML)の質問からシステム(CMS)の操作や仕様に関するご質問まで対応)
  • Webサーバー保守(OSへのパッチ適用、サーバー管理者のアカウントやメールアドレスの作成・変更・削除、バックアップ、可用性の維持など)
  • Webサーバーの障害対応(より具体的な対応フロー)
  • 対応時間・対応体制(担当者の異動時は引継ぎも行う)
  • 開発環境の維持
  • 緊急対応連絡網
  • サーバーレポート
  • マーケティングレポート

など
 

保守業務もできるWeb制作会社を選ぶ

Webサイトは外部のクラウドサービスを多様に組み合わせてできあがるため、Webリニューアル後には、制作を担当したWeb制作会社が最もシステムも理解していることになります。

社内の情報システム部門ではWebサーバーの保守まで手が回らないことが多いものです。安全にWebサイトを運用するためにも、リニューアル時にはデザインやクリエイティブ性に加えて、保守・メンテナンス能力も重視してWeb制作会社を選ぶことが必要です。


保守業務もできるWeb制作会社

具体的な保守業務を明示してもらう

「保守サポート」「ヘルプデスクサポート」と曖昧な言葉で片づけてしまうと、双方の認識が合っておらず、公開後にスムーズに運営フェーズに入れない場合もあります。そのために、事前にそのWeb制作会社の持っている保守サポートの仕様書を提示してもらい、認識を合わせた上で業者を選定することをお勧めします。

更新作業も対応をしてもらう予定であったWeb担当者と、作業は行わない予定であったWeb制作会社の間で、公開後にひと悶着起きてしまう場合もあるので、要注意です。逆に、安価で更新作業も全部対応をしてくれると言われた場合には、更新依頼から公開まで対応をしてくれるスピードが遅いという場合もあります。

選定をしてもらいたい一心で、無理をして良いことを言ってしまうWeb制作会社もあり、結局後でWeb制作会社側が立ちいかなくなり、Web担当者が苦労をすることになることもあります。継続的に取引をしていくことを考慮し、無理なく安全な保守サポートをしてもらえるように、Web制作会社の体制をじっくりと確認をすることが大切です。

関連記事

この記事の著者

itra
ITRA株式会社

官公庁や大手企業を中心とした大規模なWebサイトを総合的にプロデュースするWeb制作会社。デザインからシステム、サーバーまでWebサイトに関わるお客様の悩みを解決します。

初めて使う人にも使いやすく、セキュリティレベルの高いCMSパッケージ「iCMS」

詳しくはこちら
itra